ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2015年分路線価は7年連続下落も 下落幅は▲0.4%で5年連続の縮小 | トップページ | ムーミンの森、埼玉県の救世主なるか 本社所在地以外の工場受入れは首位 »

2015年7月 9日 (木)

4つの保障準備項目で最重視は? 男性「死亡保障」、女性「医療保障」

 平成11年から続いている公益財団法人・生命保険文化センター(東京都)が行う「老後生活のリスク認識に関する調査」は、その年代の様相がでて興味深い。

最新のデータで圧倒的に多いのが「老後」「介護」への疑問だ。

 「介護」については「介護が必要な人はどのくらい?」(答―561万人)「介護が必要になった主な原因は?」(答―脳血管疾患 約19%)。

この他、「誰が介護している?」「介護をする人の介護にかける時間はどのくらい?」(答え―介護度に応じて時間が増える)など、家族などに要支援、要介護のさし迫った事情が、仮になくても関心の高さが表れている。

 リスクに備えるための生活設計(万一の場合、病気・ケガ、老後、介護などへの対応)として、4つの保障準備(死亡保障、医療保障、老後保障、介護保障)のなかで、最も力を入れたいと考えているものは、全体では「医療保障」がトップ。

ただし性別や年齢により考え方に違いがでている。

 性別でみると男性では「死亡保障」が最も高く、以下「医療」「老後」「介護」の順となっている。

一方、女性では「医療保障」が最も高く「老後」「介護」「死亡」の順。

性・年齢別でみると、男性では20歳代で「医療」、30~50歳代で「死亡」、60歳代で「老後」と「医療」が最も高い。一方、女性では全ての年代で「医療保障」が最も高い。

 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

« 2015年分路線価は7年連続下落も 下落幅は▲0.4%で5年連続の縮小 | トップページ | ムーミンの森、埼玉県の救世主なるか 本社所在地以外の工場受入れは首位 »

相続・贈与・住宅・小規模宅地」カテゴリの記事

保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2015年分路線価は7年連続下落も 下落幅は▲0.4%で5年連続の縮小 | トップページ | ムーミンの森、埼玉県の救世主なるか 本社所在地以外の工場受入れは首位 »