ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 所得税調査で8216億円の申告漏れ把握 ~その5割を全体の6.8%の実地調査で把握~ | トップページ | 法人の申告漏れ、前年度比25%減 ~6万6千件から総額7515億円を把握~ »

2014年11月12日 (水)

グリコ置き菓子商法、年45億円売上 ~オフィス禁煙など健康ブーム後押し~

 今、オフィスの一角に「置き菓子」用、「オフィスグリコ」の小箱が目につく。「禁煙」時代になって「お菓子が売れた」という江崎グリコ。形はオフィス内委託販売だが、大都市部の会社を中心に約10万カ所に広がり、なんと年間売上額は45億円という“小さな稼ぎ頭”。

 置き菓子のアイデアは富山の薬売り「配置薬商法」にヒントがあったという。置き薬のルーツは江戸時代だが、商人は「先用後利」(使ったお薬代は後でいただきます)の商法で現在のクレジット&リースの原型ともいわれる。

 グリコ置き菓子が始まった14年ほど前は「オフィスでお菓子?」と男性社員は見向きもしなかった。しかし「禁煙」が徐々に徹底されてくると、お菓子の買い手は、タバコを吸いたい(または止めたい)男性中心になってきた。実は病院の「禁煙外来」では缶コーヒーとタバコは相関関係にあるとにらんでいる。コーヒー党(またはコーラ党)には喫煙者が多いというデータもある。

 業界統計で5~6年前から自動販売機の缶コーヒーの売り上げが落ち、かわって「紅茶」が、そして男性の甘党が伸びている。グリコは3年後に3割増やす計画という。置き売りビジネスは、サラダ宅配、総菜・コーヒーなどへと広がり追随する企業が増えた。世は健康ブームと宅配ブーム、それに意外だが「ビル中」(オフィス)にビジネスヒントがあるのではないか。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

スマホ版HP

« 所得税調査で8216億円の申告漏れ把握 ~その5割を全体の6.8%の実地調査で把握~ | トップページ | 法人の申告漏れ、前年度比25%減 ~6万6千件から総額7515億円を把握~ »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 所得税調査で8216億円の申告漏れ把握 ~その5割を全体の6.8%の実地調査で把握~ | トップページ | 法人の申告漏れ、前年度比25%減 ~6万6千件から総額7515億円を把握~ »