ちば会計

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 30歳代、50歳代の男女、資産に不満 ~内閣府調査 生活ぶりは「横ばい」~ | トップページ | 年末調整で国税庁が注意を呼びかけ ~復興特別所得税の計算漏れに注意!~ »

2014年10月 9日 (木)

13年分民間平均給与は3年ぶり増加 ~前年に比べ1.4%増の413万6千円~

 2013年1年間を通して民間企業に勤めた給与所得者の平均給与は413万6千円で、前年に比べ1.4%(5万6千円)増加したことが、国税庁がこのほど発表した2013年分民間給与の実態統計調査で分かった。平均給与は3年ぶりの増加。

 調査結果によると、2013年12月31日現在の給与所得者数は、前年に比べ2.1%(113万3千人)増加の5535万4千人だった。そのうち、1年を通じて勤務した給与所得者数は、前年比2.0%増の4645万4千人(正規3055万6千人、非正規1039万7千人)で過去最多となった。

 その平均給与413万6千円の内訳は、平均給料・手当が同1.1%増の352万7千円と3年ぶりの増加、賞与は同3.2%増の60万9千円と2年ぶりの増加。平均給料・手当に対する平均賞与の割合は前年から0.4ポイント増の17.3%となった。

 男女別の平均給与は、男性が前年比1.9%増の511万3千円、女性が同1.4%増の271万5千円。正規、非正規別にみると、1人当たりの平均給与は、正規が同1.2%増の473万円と増えたが、非正規は同0.1%減の167万8千円と減った。

 平均給与を業種別にみると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が696万円と突出して最も高く、「金融業、保険業」の617万円、「情報通信業」の592万円が続き、対して最も低いのは「宿泊業、飲食サービス業」の233万円、「農林水産・鉱業」の289万円、「サービス業」の339万円となっている。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 30歳代、50歳代の男女、資産に不満 ~内閣府調査 生活ぶりは「横ばい」~ | トップページ | 年末調整で国税庁が注意を呼びかけ ~復興特別所得税の計算漏れに注意!~ »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 30歳代、50歳代の男女、資産に不満 ~内閣府調査 生活ぶりは「横ばい」~ | トップページ | 年末調整で国税庁が注意を呼びかけ ~復興特別所得税の計算漏れに注意!~ »