ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 確定申告提出者は5年連続の減少 ~申告納税額2.7兆円は3年連続増加~ | トップページ | 省庁横断で取組む地方活性化戦略 ~政府内に「地方創生本部」設置へ~ »

2014年6月12日 (木)

均等法、育児・介護休業法で相談増  ~厚労省 紛争解決の援助、是正指導状況~

 厚生労働省が平成25年度の男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に関する相談、紛争解決の援助申立・調停申請、是正指導の状況について取りまとめた。

 この中で特に目に付いたのは2つ。一つは婚姻、妊娠・出産等を理由とする不利益な取扱い、母性健康管理に関する相談が増加したことだ。 二つ目は介護や育児休業(期間雇用者に関すること)についての相談が増加したことである。

 男女雇用機会均等法に関する相談は、相談件数の増加順に見ると、「婚姻、妊娠・出産等を理由とする不利益取扱い」が2,090件で前年度に比べ269件増加(前年度比14.8ポイント増)し、「母性健康管理」が1,281件で前年度に比べ200件増加(前年度比18.5ポイント増)した。

 介護や育児休業(期間雇用者関係)については、(1)介護に関しての相談が増加育児・介護休業法に関する相談のうち、介護関係の権利の侵害等に関する相談は415件で前年度比83件増加(前年度比25.0ポイント増)。(2)育児休業の相談が増加 育児・介護休業法に関する相談(個別の権利の侵害等)のうち、育児休業の相談は394件で前年度に比べ25件増加(前年度比6.8ポイント増)。 総じて女性への不利益な取扱いが目立ち、国の紛争解決援助、是正指導の甘さが指摘され、社名公表など罰則強化は掛け声だけかの声が高い。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 確定申告提出者は5年連続の減少 ~申告納税額2.7兆円は3年連続増加~ | トップページ | 省庁横断で取組む地方活性化戦略 ~政府内に「地方創生本部」設置へ~ »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 確定申告提出者は5年連続の減少 ~申告納税額2.7兆円は3年連続増加~ | トップページ | 省庁横断で取組む地方活性化戦略 ~政府内に「地方創生本部」設置へ~ »