ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 金融力は「長期志向で堅実かつ慎重」 ~金融商品―比較しない選び方が多い~ | トップページ | 成果で評価 新たな労働時間制を提案 ~ホワイトカラー・エグゼンプション~ »

2014年5月14日 (水)

海外からのネット配信にも消費税課税 ~改正案を来年度改正に盛り込む方針~

 財務省は、海外からインターネットを通じて配信される音楽や電子書籍などのデジタルコンテンツの取引に対して、消費税を課税できるようにする方針だ。現在、アマゾンなどの海外のネット販売を通じて買った電子書籍等は消費税の課税対象外になっている一方、国内で通信販売している電子書籍等には消費税が課税される不公正な状況にある。

 同省は、改正案を2015年度税制改正大綱に盛り込み、2015年度中の実施を目指す。

財務省が示した試案によると、まず、消費税が課される国内取引かどうかの内外判定基準について、現行制度の「役務の提供者の事務所等の所在地」を、「役務の提供を受ける者の住所・居所または本店・主たる事務所等の所在地」に見直す。

 課税方式については、事業者向け取引では、内外判定基準を変更しその取引を課税対象(国内取引)とした上で、納税義務を国内事業者に転換する「リバースチャージ方式」を導入し、国内事業者が消費税の申告納税を行う。

 また、電子書籍や音楽の配信等の通常個人向けや、消費者・事業者双方に提供され事業者向けであることが明らかでない取引は、内外判定基準を変更しその取引を課税対象(国内取引)とした上で、国外事業者に納税義務を課す「国外事業者申告納税方式」を導入する。国外事業者は、国税通則法の規定に基づき、日本に住所がある「納税管理人」を定めなければならない。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 金融力は「長期志向で堅実かつ慎重」 ~金融商品―比較しない選び方が多い~ | トップページ | 成果で評価 新たな労働時間制を提案 ~ホワイトカラー・エグゼンプション~ »

消費税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 金融力は「長期志向で堅実かつ慎重」 ~金融商品―比較しない選び方が多い~ | トップページ | 成果で評価 新たな労働時間制を提案 ~ホワイトカラー・エグゼンプション~ »