ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 海外からのネット配信にも消費税課税 ~改正案を来年度改正に盛り込む方針~ | トップページ | 消費税のみなし仕入率で経過措置 ~9月末までに簡易選択で現行区分~ »

2014年5月14日 (水)

成果で評価 新たな労働時間制を提案 ~ホワイトカラー・エグゼンプション~

 「政府介入春闘」と揶揄された今年の春闘は、結果として主要産業で6年ぶりのベースアップをもたらした。春闘から1か月余りが経ち安倍政権は「時間ではなく成果で評価される働き方にふさわしい、新たな労働時間制度の仕組みを検討してほしい」と労働時間規制の緩和を検討するよう政府の会議に指示した。どこかで聞いたセリフだと思いきや、07年第一次安倍政権で「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を図った案だと気付いた。これは「一定の要件を満たす労働者(年収1千万円以上の高収入者)については、労働時間を自己裁量で決め、残業代や深夜、休日労働への割増賃金の支払いなどの労働時間規制を適用しない」というもの。当時、長時間労働や過労死を招くと労働組合などが反発し見送られた。

 今回、この案が政府の合同会議で、経済学者などの民間議員から上がったことに注目すると、政府の政策決定力を強めたい安倍政権の意向を先取りしたフシがある。さらに春闘で応えてくれた経団連などへの返礼との見方もある。狙いは「総人件費コスト削減」が最終目的で、そのために第一段階で「月給100万円以上」の高給取りをターゲットにしたとの思惑が働く。合同会議では厚生労働省と今後調整を本格化し、6月に改定する成長戦略への反映を目指すというが、紆余曲折は避けられない。まず時代にそぐわない労働法制の総ざらいが先決だ。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 海外からのネット配信にも消費税課税 ~改正案を来年度改正に盛り込む方針~ | トップページ | 消費税のみなし仕入率で経過措置 ~9月末までに簡易選択で現行区分~ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 海外からのネット配信にも消費税課税 ~改正案を来年度改正に盛り込む方針~ | トップページ | 消費税のみなし仕入率で経過措置 ~9月末までに簡易選択で現行区分~ »