ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 消費税のみなし仕入率で経過措置 ~9月末までに簡易選択で現行区分~ | トップページ | 所得拡大促進の上乗せに経過措置 ~当期に新要件クリアーが必要条件~ »

2014年5月24日 (土)

60~70歳代の5割以上、後継者なし ~親族内承継が減り、第三者承継増す~

 2014年度版の中小企業白書は、白書で初めて試みられたという「小規模事業者の類型化」が示されるなど「意欲作」との声が上がっている。

 特に第三部では、5つの柱(小規模事業者の構分析、起業・創業、事業承継・廃業、海外展開、新しい潮流)に従って、現状分析と課題抽出を行うとともに、具体的な政策提言を示した。5つの柱は、中小企業が抱える長年の課題で、中でも「事業承継・廃業」の項目が注目される。白書は「近年、『親族内承継』の割合が低下し、『第三者承継』の割合が増加している一方、経営者の意識や準備状況は十分とは言えない」と指摘する。

 現状について、全国の中小企業へのアンケートをもとに、後継者がいないなど、事業を引き継ぐ準備ができていない経営者は、60歳代で約6割、70歳代で約5割、80歳代で約4割に上ると分析。「高齢化が進む経営者の後継者不足が深刻になっている実態が明らか。特に60歳代の経営者の約6割で後継者がいないのが休廃業数の増加につながっている、と指摘した。親族以外に事業を引き継ぎやすくする仕組みづくりの重要性などを強調している。

 このため『第三者承継』を円滑に実施していく方向で早期の意識付けの必要性と具体的な支援体制のあり方について提言している。第4部では、中小企業・小規模事業者385万者に施策を届け、効果的支援のあり方の分析をしている。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 消費税のみなし仕入率で経過措置 ~9月末までに簡易選択で現行区分~ | トップページ | 所得拡大促進の上乗せに経過措置 ~当期に新要件クリアーが必要条件~ »

相続・贈与・住宅・小規模宅地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 消費税のみなし仕入率で経過措置 ~9月末までに簡易選択で現行区分~ | トップページ | 所得拡大促進の上乗せに経過措置 ~当期に新要件クリアーが必要条件~ »