ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 12年度分の赤字法人割合は70.3%  ~企業の交際費支出は6年ぶりに増加~ | トップページ | 急速に導入が進んでいるペイジー ~導入自治体は21都府県、40市区町~ »

2014年4月10日 (木)

ふるさと納税、件数増でも金額が小口化 ~被災地応援が薄れ特産品目当て増か?~

 ふるさと納税は都道府県や市町村を選んで寄付する。東日本大震災のあった2011年には都道府県と市町村合わせて130億円を記録したが、12年以前の過去5年間で100億円を超えたのは、この2011年だけだ。総務省の調査では、「ふるさと納税」制度を導入した2008年に5万4004件(一部の災害義捐金除く)だった個人の自治体への寄付件数が12年に2.3倍の12万1858件まで増えた。11年も件数は11万件を超えている。

 これに対して、寄付額は77億円から96億円へ25%の増加にとどまった。1件あたりの平均寄付額は14万2582円から7万8780円に減った。13年の寄付金は未集計だが小口金額が予想される。

 2013年4~11月までの都道府県の受け取った金額のベスト5は、上位から順に鳥取(金額1億2775万円 件数9177)、岩手(7098万円 1439)、福島(4289万円 875)、長野(3680万円 2668)、佐賀(1964万円 798)。5県の共通項には特産品が豊富で被災地が2県入っていること。

 ふるさと納税はどこの自治体でも、お礼に特産品の中から1品目選んで送ってくれる仕組みになっている。寄付額が1万円以上なら5千円程度の特産品で対応するところが多い。しかし震災翌年には約50億円も減ったのは、特産品が寄付額に見合わない倹約派が増えたか、純粋に被災地への応援派が減ったか、この税制の地方への税収移管が目的には無理があるのかも?

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 12年度分の赤字法人割合は70.3%  ~企業の交際費支出は6年ぶりに増加~ | トップページ | 急速に導入が進んでいるペイジー ~導入自治体は21都府県、40市区町~ »

ふるさと寄付金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12年度分の赤字法人割合は70.3%  ~企業の交際費支出は6年ぶりに増加~ | トップページ | 急速に導入が進んでいるペイジー ~導入自治体は21都府県、40市区町~ »