ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ふるさと納税、件数増でも金額が小口化 ~被災地応援が薄れ特産品目当て増か?~ | トップページ | 新事業へ挑戦、グレーゾーン解消制度 ~健康寿命延伸産業で役所が進出手助け~ »

2014年4月23日 (水)

急速に導入が進んでいるペイジー ~導入自治体は21都府県、40市区町~

 税の徴収率向上は地方自治体の尽きない悩み。窓口納付のみならず、口座振替、コンビニ納税、eL-TAXと納税手段の多様化に努めてきたが、近年、急速に導入が進んでいるのが「Pay-Easy(ペイジー)」だ。自治体だけでなく、国や民間企業でも利用が進んでいる。

 ペイジーは現金を用意する必要がなく、役所や金融機関に出向かずに、近くにコンビニがなくとも、自宅等から手続きできるのが一番のメリット。窓口とは異なり、第三者に税額を知られる心配もない。

 公金取扱サービスがスタートした2004年1月からの10年間で、自治体の導入団体は東京都等21都府県、千葉市・横浜市など9政令市を含む40市区町に広がり、取扱金融機関も都市銀行・地方銀行をほぼ網羅するまでになった。ペイジーの運営・普及にあたる日本マルチペイメント推進協議会・同運営機構によれば、今年度の自治体の公金取扱件数は年間1200万件(対前年度比117%)、取扱金額は1兆4000億円(同110%)になる見込みという。

 また、取扱いできる税目や料金は自治体によって異なるが、自動車税・事業税などの府県税、住民税・固定資産税・軽自動車税などの市町村税をはじめ、使用料・手数料、国民健康保険料など幅広いことが特徴だ。役所から届いた納付書にペイジーマークがあればこのシステムを利用できるが、領収書が出ないことが難点。領収書がほしい場合は他の納税手段を利用する必要がある。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« ふるさと納税、件数増でも金額が小口化 ~被災地応援が薄れ特産品目当て増か?~ | トップページ | 新事業へ挑戦、グレーゾーン解消制度 ~健康寿命延伸産業で役所が進出手助け~ »

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ふるさと納税、件数増でも金額が小口化 ~被災地応援が薄れ特産品目当て増か?~ | トップページ | 新事業へ挑戦、グレーゾーン解消制度 ~健康寿命延伸産業で役所が進出手助け~ »