ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヤフーの復興支援ネット百貨店、充実 ~得意の「課題解決エンジン」で推進~ | トップページ | “経済の好循環に果たす役割を担う”春闘総括 超大幅増ベア「王将」 »

2014年3月28日 (金)

2014年度税制改正法が20日に成立 ~景気浮揚を目的の企業減税が中心~

 今国会で審議中だった2014年度税制改正関連法が3月20日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。3月20日の成立は、阪神・淡路大震災の税制上の救済法案の審議の関係もあって異例のスピード成立となった1995年(3月17日成立)に次ぐ戦後2番目の早さとなる。

 中心は、通常の年度改正から切り離して2013年10月1日に決定した「秋の大綱」に盛り込まれていた景気浮揚を目的とした企業減税となる。デフレ不況からの脱却と経済再生に向けた財政措置として、

 (1)復興特別法人税を1年前倒しで廃止する。

 (2)所得拡大促進税制について、給与等支給増加割合の要件(現行基準年度と比較して5%以上増加)を、2013・2014年度は2%以上、2015年度は3%以上、2016・2017年度は5%以上とする等の見直しを行う。

 (3)生産性の向上につながる設備(先端設備等)を取得した場合に、即時償却または5%税額控除ができる制度(「生産性向上設備投資促進税制」)を創設する。

 (4)試験研究費の増加額に係る税額控除制度(現行増加額の5%)について、試験研究費の増加率に応じて税額控除率を引き上げる仕組み(控除率5%~30%)へ改組する。

 (5)中小企業投資促進税制を拡充し、生産性の向上につながる設備を取得した場合に、即時償却または7%税額控除(資本金3000万円以下の企業は10%)を認める。

 (6)交際費等の損金不算入制度について、飲食のための支出の50%を損金算入することを認める、などがある。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« ヤフーの復興支援ネット百貨店、充実 ~得意の「課題解決エンジン」で推進~ | トップページ | “経済の好循環に果たす役割を担う”春闘総括 超大幅増ベア「王将」 »

税制改正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ヤフーの復興支援ネット百貨店、充実 ~得意の「課題解決エンジン」で推進~ | トップページ | “経済の好循環に果たす役割を担う”春闘総括 超大幅増ベア「王将」 »