ちば会計

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 老後の準備は安全投資などプラン作り ~年金空白期間となる老後資金の賄い方~ | トップページ | 「国の借金」、12月末で1017兆円 ~国民1人当たり約800万円の勘定~ »

2014年2月20日 (木)

異業種が高齢者住宅事業に参入増 ~電器、外食、量販店など業容拡大~

 時代と共に市場が縮小する業種があれば、需要に供給が追い付かない右上がりの業種もある。

 国内での少子高齢化の影響は、大都市圏では保育園不足を生み、高齢者間では特別養護老人ホームなどの介護施設が順番待ち。同時に、保育園も介護施設も待遇条件と人材不足が深刻な状態にある。そこで新たに高齢者施設の補完に2011年にサービス付高齢者向け住宅(サ高住)が生まれた。

 今、1月末現在の都道府県への登録数は13万8000戸。さらに国は整備を進めようと、建設費の1割の補助金や固定資産税などの税制優遇をしていて、20年までに最大60万戸整備する方針だ。

 ここに今後拡大が予想される「介護事業」という商圏があって、新規事業や事業拡大を目指す異業種の関心が集まる。その主な進出企業を上げると、トーハン(出版取次)、パナソニック(電気機器)、ヤマダ電機(量販店)、ゼンショーHD(外食)など業種は様々だ。

 進出の仕方には何通りかある。トーハンは出版界の構造変革で<業容縮小>組。一緒に組む相手は早くから介護事業にも転換した学研HDで、トーハンが土地などのハードを提供し、運営などソフトは学研HDが行う。ゼンショーHDは介護サービス社を買収して、外食業らしく食事提供などを行う。パナソニックやヤマダ電機は自前で子会社を起こし、ヤマダ電機は関東一円とマーケット規模が広い

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 老後の準備は安全投資などプラン作り ~年金空白期間となる老後資金の賄い方~ | トップページ | 「国の借金」、12月末で1017兆円 ~国民1人当たり約800万円の勘定~ »

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 老後の準備は安全投資などプラン作り ~年金空白期間となる老後資金の賄い方~ | トップページ | 「国の借金」、12月末で1017兆円 ~国民1人当たり約800万円の勘定~ »