ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 異業種が高齢者住宅事業に参入増 ~電器、外食、量販店など業容拡大~ | トップページ | 定期借地権保証金の経済的利益 ~その適正利率は過去最低の0.7%~ »

2014年2月20日 (木)

「国の借金」、12月末で1017兆円 ~国民1人当たり約800万円の勘定~

 財務省が公表した2013年12月末時点での国債や借入金などを合計した「国の借金」は1017兆9459億円にのぼった。昨年9月末からは6兆7673億円増加し、初めて1千兆円の大台を突破した同年6月末以降も借金の膨張が止まらない。

 2013年9月末に比べ、国債は約9.5兆円増の約849.1兆円で全体の約83%を占め、うち普通国債(建設国債+赤字国債)は、約11.9兆円増の約739.7兆円と過去最高を更新した。
この「国の借金」1017兆9459億円は、2013年度一般会計提出予算の歳出総額92兆6115億円の約11倍、同年度税収見込み額43兆960億円の約24倍である。年収500万円のサラリーマンが1億2000万円の借金を抱えている勘定だ。

 また、わが国の今年1月1日時点での推計人口1億2722万人(総務省統計、概算値)で割ると、国民1人当たりの借金は、昨年9月末時点の約792万円から約800万円に上昇する。
わが国の公債残高(普通国債残高)は年々増加の一途を辿っており、2013年度末(補正予算ベース)の公債残高は、2013年12月末実績での約739.7兆円から約751.5兆円程度に膨らむと見込まれる。

 なお、2013年度末の国の借金は、12月末実績の約1017.9兆円からさらに約20.8兆円増の1038.7兆円になる見通し。今年から2段階の消費増税が予定されているが、それでも財再再建の道は遠のいている。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 異業種が高齢者住宅事業に参入増 ~電器、外食、量販店など業容拡大~ | トップページ | 定期借地権保証金の経済的利益 ~その適正利率は過去最低の0.7%~ »

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 異業種が高齢者住宅事業に参入増 ~電器、外食、量販店など業容拡大~ | トップページ | 定期借地権保証金の経済的利益 ~その適正利率は過去最低の0.7%~ »