ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「大人の」と付いた商品が売れ筋に ~団塊でもシニアでもない大人の購買層~ | トップページ | 「非正規共闘」の取り組みを強化 ~連合 2014春季生活闘争方針決定~ »

2013年12月19日 (木)

税務署が欲しがる企業情報は多種多様 ~税務調査は資料収集の大きなチャンス~

 税務調査は年末を迎えて集中度を増している。全国の税務署では、少ない人員で高いパフォーマンスを発揮するため、事前に対象法人について徹底的に調べ尽くすというが、その際に活用さているのが各種資料情報である。法人事業概況説明書等の法定資料だけでなく、調査などを通じて集めた細かい資料情報などその内容は実に多岐にわたり、徹底的にデータ化、分析されたうえで税務調査に活かされる。

 なかでも当局が重要視しているのが、調査官が足で集めてきた独自の資料箋。例えばリベートや外注費、交際費などに関連する情報は、好不況に関係なく集められている定番資料。特にリベートは「金額が大きい割には受領した側が申告しないケースが多い取引」として昔から税務署が関心を寄せる取引のひとつ。

 社長の趣味や個人資産も資料化のターゲットになりやすい。会社のロビーや応接室に飾ってある絵画彫刻などは真っ先にチェックされ、車やゴルフなどとともに「社長の趣味」に追記される。

 不動産取引や金融商品、いわゆる「ぜいたく品」に関わるものなど、重点的に開発されている分野もある。「景気がよくなるとリゾートマンションやアパートの取得者、高級外車の購入者、クルーザー購入者、高額美術品寄託者などのデータが集められている」(元国税調査官)。こうした資料の数々はさまざまな機会を捉えて収集されているが、「税務調査も資料収集の大きなチャンス」(同)だという。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 「大人の」と付いた商品が売れ筋に ~団塊でもシニアでもない大人の購買層~ | トップページ | 「非正規共闘」の取り組みを強化 ~連合 2014春季生活闘争方針決定~ »

税務調査、査察他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「大人の」と付いた商品が売れ筋に ~団塊でもシニアでもない大人の購買層~ | トップページ | 「非正規共闘」の取り組みを強化 ~連合 2014春季生活闘争方針決定~ »