ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 税務署が欲しがる企業情報は多種多様 ~税務調査は資料収集の大きなチャンス~ | トップページ | 与党が2014年度税制改正大綱を決定 ~車体課税や給与所得控除を見直し~ »

2013年12月19日 (木)

「非正規共闘」の取り組みを強化 ~連合 2014春季生活闘争方針決定~

 非正規は時給改善分30円を目安に!―連合が、2014年春季生活闘争方針を決めた。注目は安倍政権が政労使会議で要請した「ベースアップ」が実現するか、どうかに集まる。

 この会議で好感触を得た連合は「すべての組合が月例賃金にこだわり、約2%の定期昇給相当分の実現、非正規労働者には、『非正規共闘』の取り組みを強化する」として「5年ぶりのベア要求」を目指す。中でも非正規労働者と中小労働者の労働条件改善は、来年度の大きな柱。

 非正規労働者については、パートタイム労働者だけでなく、すべての有期契約労働者の均等・均衡処遇の実現に向けて取り組む。

 具体的には、正社員化への転換ルールの導入促進をはじめ、昇給ルールの導入・明確化や一時金の支給の確保などを重点項目としている。

 賃上げについては、非正規共闘方針で「物価上昇・景気回復の局面であることや『底上げ・底支え・格差是正』を進めていくことが必要で、時給改善分として30円を目安に時給の引き上げを求めていく」(要求目安額5000円時給換算)。

 具体的には、時給が800円に達していない組織は800円をめざし、達している組織は「誰もが時給1000円」をめざす。

 気になるのは毎月勤労統計調査で所定内給与は16カ月連続の減少が続く。賃金水準が低いパートなど非正規労働者の増加が止まらず、賃金の下押し圧力がなお強いことだ。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 税務署が欲しがる企業情報は多種多様 ~税務調査は資料収集の大きなチャンス~ | トップページ | 与党が2014年度税制改正大綱を決定 ~車体課税や給与所得控除を見直し~ »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 税務署が欲しがる企業情報は多種多様 ~税務調査は資料収集の大きなチャンス~ | トップページ | 与党が2014年度税制改正大綱を決定 ~車体課税や給与所得控除を見直し~ »