ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 途上国支援など社会貢献債が認知 ~個人向け販売額が累計で5000億円~ | トップページ | 健康寿命伸長産業は3分野で構成 ~健康ビジネスはICTの活用不可欠~ »

2013年11月20日 (水)

12年度法人の申告漏れ額、9992億円 ~調査件数は通則法改正の影響で27%減~

 国税庁がこのほど公表した今年6月までの1年間(2012事務年度)における法人税調査事績によると、不正計算が想定されるなど調査必要度の高い9万3千法人(前年度比27.4%減)を実地調査した結果、うち約73%にあたる6万8千件(同26.0%減)から前年度に比べ15.0%減の総額9992億円の申告漏れを見つけた。追徴税額は2098億円(同3.6%減)。1件あたりの申告漏れは同17.2%増の1071万円となる。

 実地調査件数は、1月の国税通則法の改正で、課税理由の説明などが原則義務化されて事務作業量が増加した影響から、1件当たりの調査期間が平均2.6日伸びたため大きく減少した。

 また、調査した18.3%(不正発見割合)に当たる1万7千件(前年度比32.1%減)が故意に所得を仮装・隠ぺいするなどの不正を行っており、その不正脱漏所得は前年度比9.6%減の2758億円だが、1件当たりでは同33.0%増の1613万円と3年ぶりに増加した。

 不正を業種別にみると、不正発見割合の高い10業種では、「バー・クラブ」が45.4%で11年連続のワースト1位。「バー・クラブ」は、近年25年間で24回1位という不名誉な記録を持つワースト業種の常連。以下、「パチンコ」(29.8%)、「土木工事」(29.1%)の順で続く。

 一方、1件あたりの不正所得金額が大きい10業種では、1位は「非鉄金属製造」の5626万円、2位は前年まで2年連続トップの「パチンコ」の5037万円、3位は「電気通信機械器具卸売」と続く。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 途上国支援など社会貢献債が認知 ~個人向け販売額が累計で5000億円~ | トップページ | 健康寿命伸長産業は3分野で構成 ~健康ビジネスはICTの活用不可欠~ »

税務調査、査察他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 途上国支援など社会貢献債が認知 ~個人向け販売額が累計で5000億円~ | トップページ | 健康寿命伸長産業は3分野で構成 ~健康ビジネスはICTの活用不可欠~ »