ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ビッグデータ効果、年7兆7700億円 ~データ活用の「分析競争優位」獲得~ | トップページ | 株主優待制度導入 過去最高1085社に ~来年1月の少額投資非課税制度にらみ~ »

2013年10月10日 (木)

来年4月に消費税8%引上げ決定 ~投資活性化へ税制改正大綱を公表~

 政府は10月1日の閣議において、来年4月の消費税率8%への引上げを決定するとともに、消費増税による景気への影響を緩和するため、約1兆円規模の減税となる民間投資活性化等のための税制改正大綱を発表した。

 注目されていた復興特別法人税の1年前倒し廃止は12月中に結論を得る方針のほか、消費増税に伴う低所得者向けの現金給付や住宅購入者向けの現金給付は、5兆円規模の経済対策の中で手当てされる。

 約1兆円規模の前倒しの税制改正は、(1)企業が2015年度末までに、先端設備等を導入した場合、即時償却か5%の税額控除を認める生産性向上設備投資促進税制の創設、(2)企業が給与総額を2%(現行5%)増やした場合、増加分の10%を税額控除する所得拡大促進税制の要件緩和、(3)中小企業投資促進税制について、160万円以上の機械への投資時に税額控除する対象企業を、資本金3千万円以下から1億円以下に拡大する、(4)研究開発税制について、研究開発費の増加分に応じた税額控除で、控除率を5%から最大30%に引き上げる、などが盛り込まれている。

 投資促進税制は、控除率は2015年度末までは5%だが、それ以降2016年度末までは4%となり、企業に早期の投資を促す。所得拡大促進税制も、適用条件を、2013~14年度は「2%以上」、2015年度は「3%以上」、2017年度までは「5%以上」とするなど、早期の適用が有利となる。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« ビッグデータ効果、年7兆7700億円 ~データ活用の「分析競争優位」獲得~ | トップページ | 株主優待制度導入 過去最高1085社に ~来年1月の少額投資非課税制度にらみ~ »

消費税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ビッグデータ効果、年7兆7700億円 ~データ活用の「分析競争優位」獲得~ | トップページ | 株主優待制度導入 過去最高1085社に ~来年1月の少額投資非課税制度にらみ~ »