ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 経産省、2014年度税制改正を要望 ~設備投資減税など成長戦略関連中心~ | トップページ | 被災地は外国人の「おもてなし」を ~「地方発東京行」の奔流に遅れるな~ »

2013年9月20日 (金)

消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~

 安倍晋三首相が消費税引上げを最終判断する時期が近付いているが、内閣府は、8月26日から31日の間に7回にわたって開かれた、消費税増税の影響を検証した集中点検会合の概要報告を公表した。

 会合では60名の有識者からヒアリングを行った結果、7割超の44名が予定通り消費税率を引上げに賛成意見を表明した。

 その理由として、財政健全化が急務であること、社会保障の充実とそのための財源を確保すること、将来世代への負担の先送りをやめて世代間格差の是正を図ること、地方においても財源確保の必要性が高いこと、国際社会や市場からの信認の保持などが挙げられた。

 また、経済・金融の専門家からは、前回5%に引上げ時の1997年の景気後退の主因は消費税率引上げとは言えず、予定通り実施しない理由にはならないとの指摘があった。

 一方で、1割超の有識者からは、デフレ脱却を確実なものとするなどのため、予定を変更して毎年1%ずつ、5年間で合計5%引き上げる案や引上げを1年先送る案などが提示された。

 こうした意見に対しては、デフレ脱却まで消費税率引上げを待つと金融・財政同時引締めのリスクが高いとの意見や、すでに民間企業や市場は引上げを織り込んでおり、予定変更が経済活動の混乱を招くことや、小刻みな引上げは、実務上のコスト増が懸念されること、円滑な転嫁を懸念する意見などが、中小企業団体の代表者など経済界を中心に出された。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 経産省、2014年度税制改正を要望 ~設備投資減税など成長戦略関連中心~ | トップページ | 被災地は外国人の「おもてなし」を ~「地方発東京行」の奔流に遅れるな~ »

消費税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 経産省、2014年度税制改正を要望 ~設備投資減税など成長戦略関連中心~ | トップページ | 被災地は外国人の「おもてなし」を ~「地方発東京行」の奔流に遅れるな~ »