ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~ | トップページ | 消費税率引上げに対する企業意識 ~半数超が業績に「悪影響」と回答~ »

2013年9月20日 (金)

被災地は外国人の「おもてなし」を ~「地方発東京行」の奔流に遅れるな~

 2020年「東京オリンピック・パラリンピック」開催が決まったが、五輪商戦の第一ラウンドは五輪便乗セールの禁止。急ぐのは競技施設、交通インフラ、住宅、緑化対策に向けた大型公共事業が先導する。一方で被災地復興対策は優先順位を下げるばかりだ。

 マーケティング関係者は、五輪に決まったことで「東京優位」はますます盤石で、「地方」は「地方発東京行」の一極集中を強いられるだろうと読む。アベノミクスが経済指数上ではジワリと効果を出し、景気上向きの原動力となっている。株式市場の五輪関連銘柄では建設・スポーツ・観光・ホテルなどが上向いた。

 五輪に向けて被災地ができることは、例えばJビレッジ(福島県。日本サッカー協会占有施設。休止中)の再開が決まった。仙台と周辺地域は新興国の代表合宿招致が可能だろう。2002年、日韓サッカーWカップで大分県の中津江村がカメルーン代表の招致に成功、村民の「おもてなし」で国内外を感動させた。

 東京五輪は夏季開催だから各国の練習施設に涼しい宮城、岩手の売り込みも可能性ありだ。両県は、東京・選手村、ホテル、交通、観光施設に向けて今から安定的な食材供給が可能かどうかなど、自治体丸ごとで協議会を発足させてもいい。人も物も「地方発東京行」の奔流は加速の一途で、この流れにぜひ乗りたい。「『おもてなし』なら東北でしょ!」の気概で―。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~ | トップページ | 消費税率引上げに対する企業意識 ~半数超が業績に「悪影響」と回答~ »

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~ | トップページ | 消費税率引上げに対する企業意識 ~半数超が業績に「悪影響」と回答~ »