ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 電子お薬手帳、新方式で個人情報保護 ~実名公開には「許容できない」57.3%~ | トップページ | 消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~ »

2013年9月11日 (水)

経産省、2014年度税制改正を要望 ~設備投資減税など成長戦略関連中心~

 経済産業省はこのほど、2014年度税制改正に関する要望を公表した。政府・与党は、2014年度税制改正を2段階で行い、今秋にも成長戦略第2弾として設備投資減税を前倒しで実施する考えだが、経産省の税制改正要望も、(1)生産性向上を促す設備等投資促進税制の創設、(2)事業再編を促進する税制の創設、などといった成長戦略関連の項目が中心となっている。

 経産省は、今後3年間で国内設備投資額年間約70兆円への回復を目指しており、「生産性向上を促す設備等投資促進税制」は、先端設備の導入、生産ラインやオペレーションの刷新・改善など「質」の高い投資について、即時償却・税額控除等の税制措置を講ずる。対象設備は、先端的な「機械・装置」に加え、生産性向上に資する「ソフトウェア」、「器具・備品」・生産ラインやオペレーションと一体となった「建物」なども対象とする。

 「事業再編を促進する税制」は、自社の事業部門を切り出し、他社の事業部門と統合することで、規模の拡大や技術の補完による新市場展開・競争力強化の実現を目指す企業の課税負担の軽減措置を講じる制度の創設を求める。

 そのほか、研究開発税制の増加型上乗せ措置の控除率を現行の5%から30%に引き上げるなど拡充・延長、また、中小企業の生産性向上を促すため、中小企業投資促進税制におけるソフトウェアや関連設備等に係る特別償却率を現行の30%から即時償却に、税額控除を現行7%から12%への引上げ等の拡充を要望している。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 電子お薬手帳、新方式で個人情報保護 ~実名公開には「許容できない」57.3%~ | トップページ | 消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~ »

税制改正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 電子お薬手帳、新方式で個人情報保護 ~実名公開には「許容できない」57.3%~ | トップページ | 消費税増税の影響を検証する会合 ~有識者の7割超が増税に賛成表明~ »