ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 1千兆円を突破した「国の借金」 ~国民1人当たり約792万円の借金~ | トップページ | 消費増税後に生活者が望む価格表示 ~「税込表示・本体価格・税額」表示~ »

2013年8月23日 (金)

経産省と厚労省が介護ロボで連携 ~技術+現場ニーズ=製品化に繋ぐ~

 2010~2025年までの15年間で65歳以上の高齢者は約709万人増加。社会全体の高齢化率は23%から30%に上昇する。それに伴い介護職員の数も現状の1.5倍以上となる232〜244万人が必要となる。介護施設では人材不足にロボット待望論があり、各社は試作機開発に懸命だ。

 経産省製造産業局と厚労省老健局が、介護ロボット機器開発→製品化を目的に業務連携をした。「技術の経産省」「現場ニーズの厚労省」の両省の得意分野が、開発メーカー、介護事業者らにどんなインパクトを与えるか、両省が開発段階から組むのは画期的な試みだ。

 きっかけは2010年の介護・福祉ロボット開発・普及支援プロジェクト検討会が始まり。12年には「ロボット技術の介護利用における重点分野」を絞り込み「人の手による介護とロボットを活用する部分」の見極めに力点を置いた。

 次に経産省では「安全基準や評価手法を確立する」とともに、それを「実証できる環境整備」を進める。これらの施策でメーカーの事業リスクが軽減され、開発が促進されるメリットも期待できる。厚労省は、介護事業者の安心材料として介護現場と開発メーカーとの円滑なマッチングの確立、それとロボット導入による費用対効果を検証する義務がある。

 近い将来、経産省は海外市場展開を視野に、厚労省は健康長寿社会の実現を目論み、両省はメーカー並みに切磋琢磨することだろう。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 1千兆円を突破した「国の借金」 ~国民1人当たり約792万円の借金~ | トップページ | 消費増税後に生活者が望む価格表示 ~「税込表示・本体価格・税額」表示~ »

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 1千兆円を突破した「国の借金」 ~国民1人当たり約792万円の借金~ | トップページ | 消費増税後に生活者が望む価格表示 ~「税込表示・本体価格・税額」表示~ »