ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 経産省と厚労省が介護ロボで連携 ~技術+現場ニーズ=製品化に繋ぐ~ | トップページ | 女性管理職割合「10%未満」約8割 ~女性登用に対する企業の意識調査~ »

2013年8月29日 (木)

消費増税後に生活者が望む価格表示 ~「税込表示・本体価格・税額」表示~

 消費税率が2014年4月から8%に引上げられた場合、商品やサービスの価格表示については、これまで法律で義務付けられていた「総額表示」(税込金額)だけでなく、条件を満たせば、「税抜価格」の表示も可能となり、様々な価格表示の可能性が出てくる。そこで、博報堂は、消費増税時の「価格表示の方法」について生活者がどのようにとらえているのかを、20~60代の男女1000人を対象に緊急調査し、速報をまとめた。

 調査では、現在表示価格750円(税込)の商品について、税込表示から税抜表示まで、9つのパターンを例示し「あなたが最も良いと思うもの」を選んでもらった。

 その結果、現状で最も良いと思う表示方法は「750円(本体714円、消費税36円)」(40.1%)という「税込表示」に「本体価格」と「税額」までが記載されているトリプル表示だった。特に、税率引上げ後には支持率が48.1%と約1.2倍に増加し、その傾向が強まっている。

 次いで、「750円(うち消費税36円)」(現状17.7%、税率引上げ後18.8%)、「750円(税込)」(同16.5%、同11.9%)、「750円(本体価格714円)」(同16.4%、同13.6%)といった、「税込表示」をメインに「本体価格」、「税額」も補助的に表示されるものが支持されている。

 一方で、「税抜714円+税」や「714円 税抜」、「税抜714円 税36円」といった税抜表示は、現状で計0.7%、引上げ後も計約2%程度と非常に少ない結果となった。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 経産省と厚労省が介護ロボで連携 ~技術+現場ニーズ=製品化に繋ぐ~ | トップページ | 女性管理職割合「10%未満」約8割 ~女性登用に対する企業の意識調査~ »

消費税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 経産省と厚労省が介護ロボで連携 ~技術+現場ニーズ=製品化に繋ぐ~ | トップページ | 女性管理職割合「10%未満」約8割 ~女性登用に対する企業の意識調査~ »