ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 17.1%の企業が今後、主力事業を転換 ~今後3年間では4割が事業再編を予定~ | トップページ | 2013年分路線価は5年連続下落も ~下落幅は縮小、宮城・愛知は上昇~ »

2013年7月 4日 (木)

12年度査察の脱税総額は205億円 ~ピークの29%に減少と続く低水準~

 いわゆるマルサと呼ばれる査察は、脱税でも特に大口・悪質なものが強制調査され検察当局に告発されて刑事罰の対象となる。

 国税庁がこのほど公表した2012年度査察白書によると、査察で摘発した脱税事件は前年度より5件少ない190件、脱税総額は平成以降最低だった前年度を約13億円上回る約205億円と低水準が続いている。1件当たりでは同500万円多い1億700万円。検察庁に告発した件数は同12件多い129件だった。

 今年3月までの1年間に、全国の国税局が査察に着手した件数は190件と、42年ぶりの低水準となった。継続事案を含む191件を処理(検察庁への告発の可否を最終的に判断)し、うち67.5%にあたる129件を検察庁に告発した。この告発率67.5%は、前年度を5.6ポイント上回るが、前年度(61.9%)は38年ぶりの低水準だったもので、高い割合ではない。告発事件のうち、脱税額(加算税を含む)が3億円以上のものは11件、脱税額が5億円以上のものは3件だった。近年、脱税額3億円以上の大型事案が減少傾向にあることから、2012年度の脱税総額205億円は、ピークの1988年度(714億円)の約29%にまで減少した。

 
 告発分の脱税総額は前年度を約18億円上回る約175億円、1件あたり平均の脱税額は1億3500万円だった。 告発件数の多かった業種・取引は、「情報提供サービス業」が11件、「クラブ・バー」がともに11件トップ、「建設業」が7件で続いた。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 17.1%の企業が今後、主力事業を転換 ~今後3年間では4割が事業再編を予定~ | トップページ | 2013年分路線価は5年連続下落も ~下落幅は縮小、宮城・愛知は上昇~ »

税務調査 他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 17.1%の企業が今後、主力事業を転換 ~今後3年間では4割が事業再編を予定~ | トップページ | 2013年分路線価は5年連続下落も ~下落幅は縮小、宮城・愛知は上昇~ »