ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 関西発 少子社会NEWビジネス好例 ~近畿経済産業局主導の高度サービス~ | トップページ | 消費税特措法の施行期日は10月1日 ~10月以降は税込価格の不表示も可能~ »

2013年6月21日 (金)

e-TaxなどICT利用が大幅増 ~申告書提出人員が初めて50%超え~

 2012年分所得税等の確定申告では、所得税の申告書提出件数が2152万5千件で4年連続の減少となり、過去最高だった2008年分からは9.2%下回っている。

 しかし、こうした2千万人を超える納税者数への対応に国税庁は、確定申告の基本方針として「自書申告」を推進、そのためのICT(情報通信技術)を活用した施策に積極的に取り組んでいる。

 国税庁のホームページ上で申告書が作成できる「確定申告書等作成コーナー」やe-Taxなど、ICTを利用した所得税の確定申告書の提出人員は全体で1107万1千人にのぼり、2011年分より3.6%増加。所得税の確定申告書の提出人員に占める割合は51.4%と初めて過半数に達した。

 2012年分からはe-Taxでの申告も可能になった贈与税の申告でも、提出人員43万7千人のうち48.8%がICTを利用、前年分から60.9%の大幅増加となっている。

 署でのICT利用は、署のパソコンで申告書を作成して「e-Tax」が451万7千人、同「書面での提出」が36万1千人の計487万8千人と前年分に比べ0.7%増加。自宅などでのICT利用は、「HP作成コーナーで申告書を作成して書面での提出」が261万2千人、「同e-Tax」が63万7千人、「民間の会計ソフトで申告書を作成してe-Tax」が294万5千人の計619万4千人で同5.9%増となり、ともに順調に増加している。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 関西発 少子社会NEWビジネス好例 ~近畿経済産業局主導の高度サービス~ | トップページ | 消費税特措法の施行期日は10月1日 ~10月以降は税込価格の不表示も可能~ »

確定申告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 関西発 少子社会NEWビジネス好例 ~近畿経済産業局主導の高度サービス~ | トップページ | 消費税特措法の施行期日は10月1日 ~10月以降は税込価格の不表示も可能~ »