ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 来年「現物給付」型の保険商品解禁 ~生命保険 お金よりモノ・サービス~ | トップページ | 関西発 少子社会NEWビジネス好例 ~近畿経済産業局主導の高度サービス~ »

2013年6月14日 (金)

2012年分所得税等の確定申告状況 ~納税人員・納税額が7年ぶり増加~

 国税庁がこのほど発表した2012年分所得税等の確定申告状況によると、所得税の確定申告書を提出した人は、前年を1.5%下回る2152万5千人となり、4年連続の減少となった。しかし、申告納税額がある人(納税人員)は同0.3%増の608万8千人となり、微増ながら7年ぶりに増加した。

 納税人員の増加に伴い、その所得金額も同2.8%上回る34兆6304億円と、6年ぶりに増加に転じた。

 申告納税額は、前年を4.0%上回る2兆4019億円となり、2年連続の増加となった。これは、地価や株価の上昇で土地や株式などの譲渡所得が増えたことが影響しているとみられている。

 ただし、申告納税額は、ピークの1990年分(6兆6023億円)の約3分の1に過ぎない。なお、還付申告者数は、前年分から1.7%減の1257万3千人と減少に転じたが、申告者全体の約58%を占めている。

 一方、贈与税の申告状況をみると、暦年課税を適用した申告者は前年に比べ3.2%増の39万1千人、うち納税額がある人は同6.9%増の28万9千人、その納税額は同6.4%減の1149億円と減少。1人当たりの納税額は同12.5%減の40万円となる。
 

 また、相続時精算課税制度に係る申告者は前年に比べ6.1%減の4万6千人、うち納税額があった人は同5.7%減の3千人、申告納税額は同15.3%減の162億円。1人当たりの納税額は同10.1%減の539万円だった。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 来年「現物給付」型の保険商品解禁 ~生命保険 お金よりモノ・サービス~ | トップページ | 関西発 少子社会NEWビジネス好例 ~近畿経済産業局主導の高度サービス~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

年末調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 来年「現物給付」型の保険商品解禁 ~生命保険 お金よりモノ・サービス~ | トップページ | 関西発 少子社会NEWビジネス好例 ~近畿経済産業局主導の高度サービス~ »