ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 生命保険活用の決算対策の注意点 ~役員対象は定期同額給与なら損金~ | トップページ | マーケティング・ミックス4Pの罠 ~製品の差別化成功は顧客視点が基本~ »

2013年5月14日 (火)

「貯蓄から投資」へ加速するか!? ~少額投資非課税制度、愛称はNISA~

 2014年1月に始まる少額投資非課税制度(日本版ISA)の愛称が「NISA(ニーサ)」に決まったことを受けて、証券会社各社や金融機関が一般投資家向けの金融商品の相談窓口の拡充や口座開設受付する体制に入った。ニーサは投資信託や上場株式等のための非課税制度だが、日興アセットのように「投資マル優」と併記するなど、かつての人気制度・マル優のイメージを前面に出す会社もある。各社のパンフレットでは購入の仕方など懇切・丁寧さが目立つ。

 ニーサの特徴は、たとえば非課税になる金額の上限は、2014年から2023年(10年間)で、毎年100万円(最大500万円まで)。年間100万円の範囲内であれば一括でも複数回に分けて使用することもできる(2年目からは前年の上限が100万円未満であった場合でもその部分に対し追加購入することはできない)など。

 ニーサは「投資マル優」を謳い文句にするくらいだから投資元本の、き損リスクが低いなど、投資の初心者も呼び込むことで投資家の裾野を広げることを目的としている。さらに今、長期的収益の積上げを目指す金融商品を待望する経済環境の好機と判断したと専門家は分析する。

 一方、MRIインターナショナル事件などで投資信託への不安感は消えない。しかし世界的な金融緩和で、日本人~とりわけ中高年が神話のように堅守してきた「投資より貯蓄」志向の殻は破られるか、来年以降、見ものである。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 生命保険活用の決算対策の注意点 ~役員対象は定期同額給与なら損金~ | トップページ | マーケティング・ミックス4Pの罠 ~製品の差別化成功は顧客視点が基本~ »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 生命保険活用の決算対策の注意点 ~役員対象は定期同額給与なら損金~ | トップページ | マーケティング・ミックス4Pの罠 ~製品の差別化成功は顧客視点が基本~ »