ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 結婚、出産ともシニア(老親)依存 ~孫の力も市場に資金循環する役目~ | トップページ | 認知度は低い少額投資非課税制度 ~制度利用意向がある人は24%程度~ »

2013年4月22日 (月)

11年度分の赤字法人割合は72.3% ~企業の交際費支出は5年連続減少~

 国税庁がまとめた「2011年度分会社標本調査」結果によると、2011年度分の法人数は257万8593社、このうち連結親法人は1086社、連結子法人は8103社だった。連結子法人を除いた257万490社のうち、赤字法人は185万9012社で、赤字法人割合は72.3%となり、過去最高の割合だった09・10年度分の72.8%から0.5ポイント減少したものの、高水準に変わりない。

 2011年度分の営業収入金額は、前年度に比べ5.7%減の1275兆6237億円と減少に転じたが、黒字法人の営業収入金額は同1.6%増の767兆968億円、所得金額も同4.6%増の33兆9403億円と、ともに2年連続の増加となった。営業収入に対する所得金額の割合は、前年から0.1ポイント上昇の4.4%となっており、赤字法人割合は高水準だったものの、順調に景気回復を図っている企業との二極化がうかがえる。

 一方、2012年3月までの1年間に全国の企業が取引先の接待などに使った交際費は、前年度に比べ▲2.0%の2兆8785億円と、5年連続で減少し、過去最高だった1992年分の6兆2078億円に比べほぼ半減した。営業収入10万円あたりの交際費等支出額は、全体では前年度より9円多い226円で、資本金1千万円以下の階級が563円と高い一方、資本金が多くなるにつれ減少し、資本金10億円以上は103円と低い。また、業種別にみると、「不動産業」が553円、「建設業」が534円と高く、一方、「機械工業」が135円、「鉱業」が136円、「金融保険業」が139円と低くなっている。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 結婚、出産ともシニア(老親)依存 ~孫の力も市場に資金循環する役目~ | トップページ | 認知度は低い少額投資非課税制度 ~制度利用意向がある人は24%程度~ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 結婚、出産ともシニア(老親)依存 ~孫の力も市場に資金循環する役目~ | トップページ | 認知度は低い少額投資非課税制度 ~制度利用意向がある人は24%程度~ »