ちば会計

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年度税制改正法案を国会提出 ~年度内成立の可能性が大きくなる~ | トップページ | 所得税・消費税の振替日に注意! ~所得税4月22日、消費税4月24日~ »

2013年3月18日 (月)

マイナンバー制は招福のカードか ~評判は導入の経済効果が見えない~

 1億人の国民一人一人に番号(マイナンバー)が割り振られるマイナンバー制度が安倍政権で再び動き出した。3月1日、同法案は衆議院に提出され、早くも3年後には社会保障制度がシステム統合される。すると国民には背番号のような数字が通知される予定。

 政府の狙いは、「社会保障と税における給付と負担を一元的に管理することで『国民の公平性』を担保するとともに、行政サービスの効率化による『国民の利便性向上』を目的とする」との二大眼目がある。そこで、何がメリットなのか検証したい。

 マスコミ各紙の論調は、「自分が年金や保険料、所得税にいくら払ったか等を一括で確認できるから、カード1枚で年金手帳、健康保険証、介護保険証に早変わり」、年金や生活保護の受給額もわかり「収支」の管理が楽ともいう。また、結婚や姓名変更、転居でも継続して記録管理でき、確定申告や各種証明書の添付も省略できる、などといったものだ。

 一方、役所の仕事が、たとえば生活保護費の不正受給を防止する、労働収入の無申告、年金、保険金の無申告など、納税者の不正行為を捕捉しやすくなる。確かにこれは『国民の公平性』には寄与するが、ICTによるシステム構築やメンテナンスに1兆円規模の費用が必要ともいわれる。

 国民の納得を得るには『利便性向上』だけでなく、制度導入による経済効果など目に見える直接的な効果が待たれる。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 2013年度税制改正法案を国会提出 ~年度内成立の可能性が大きくなる~ | トップページ | 所得税・消費税の振替日に注意! ~所得税4月22日、消費税4月24日~ »

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2013年度税制改正法案を国会提出 ~年度内成立の可能性が大きくなる~ | トップページ | 所得税・消費税の振替日に注意! ~所得税4月22日、消費税4月24日~ »