ちば会計

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 22調査機関の12・13年度経済見通し ~1-3月期の景気後退は短期間予想~ | トップページ | 退職者の源泉徴収には注意が必要 ~個人住民税の10%税額控除も廃止~ »

2013年1月 9日 (水)

今年も確申期の閉庁日対応を実施 ~2月24日と3月3日の2日間~

国税庁は、ふだんは休みの日曜日にも税務署で確定申告の相談や申告書の受付を行う閉庁日対応を、今年2月から始まる2012年分の確定申告期間中も2月24日と3月3日の2日間に限り実施することを明らかにした。

この閉庁日対応は、国税庁が近年推進している「自書申告」や確定申告書の「早期提出」を応援する施策の一環として2003年分の確定申告期から実施されたもので、今回で9回目となり、すっかり定着した感がある。

実施署は昨年より1署増えて229署だが、国税庁では、過去8年間に実施した閉庁日対応における相談件数や申告書提出枚数などの実績に基づき、より効率的・集中的な閉庁日対応をめざしており、対応方法は毎年税務署によって異なる。今回は、単独での対応が122署のほか、76署は「合同会場」として26会場で、31署は「広域センター」として4ヵ所でそれぞれ対応し、トータル229署が閉庁日対応を行う予定となっている。

「合同会場」は、近隣の税務署と共同で管内の納税者の申告書の収受等を行う。また、大阪国税局のみが設置する「広域申告相談センター」では、管内以外の納税者の申告書も仮収受等を行う。

なお、単独対応の122署のうち44署は、交通の利便性のいい場所に移動して実施するため相談会場が税務署庁舎と異なるので、これらの会場の設置場所については、各税務署でたずねていただきたい。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 22調査機関の12・13年度経済見通し ~1-3月期の景気後退は短期間予想~ | トップページ | 退職者の源泉徴収には注意が必要 ~個人住民税の10%税額控除も廃止~ »

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 22調査機関の12・13年度経済見通し ~1-3月期の景気後退は短期間予想~ | トップページ | 退職者の源泉徴収には注意が必要 ~個人住民税の10%税額控除も廃止~ »