ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 国税庁、初めて贈与税事績を公表 ~非違件数の8割強が無申告事案~ | トップページ | 株主優待導入企業が過去最高の28% ~期待薄の配当の代わりに優待に注目~ »

2012年12月12日 (水)

中小企業、M&Aで事業承継に活路 ~親族承継、親族外承継も組み合せ~

中小企業にとって自社の経営状況が順調であればあるほど後継者選びは悩ましい。経営者が60歳代の団塊世代なら引退と承継の文字がちらつく。帝国データバンクの調査では全国の年商100億円未満の39万7000社のうち26万5000社(約67%)は「後継者不在」と答えている。

これまでの事業承継の手法の多くは「親族への承継」で、次に従業員や外部人材への「親族外承継」、3番目に「M&A(合併・買収)」が使われていたが、それぞれの手法には一長一短がある。特にM&Aには「会社を売る」というイメージがつきまとい経営者の敗北感を拭い切れなかった。M&Aは保有株売却で創業者利益を確保しやすいが、事業好調が最低条件だ。

しかしリーマンショック―海外進出―円高株安―従業員高齢化―大震災等で経営環境が激変した。親族承継は「苦労を背負い込むだけ」と子供側が敬遠する。経営者自身は、自らが立っている業種の将来性と価値を厳密に査定しはじめた。その証拠に、日本M&Aセンターの今年3月期の仲介の成約件数(売・買の案件合計)は前期比24%増の194件と過去最高だった。

みずほ総合研究所は事業承継を経験した中小企業757社に調べたところ「生え抜き役員や外部人材の登用、それにM&Aというように、社内に候補者を早くから選び教育する、外部人材を社長自身がスカウトするなど、様々な手法の組み合わせで承継している」と分析した。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 国税庁、初めて贈与税事績を公表 ~非違件数の8割強が無申告事案~ | トップページ | 株主優待導入企業が過去最高の28% ~期待薄の配当の代わりに優待に注目~ »

中小企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国税庁、初めて贈与税事績を公表 ~非違件数の8割強が無申告事案~ | トップページ | 株主優待導入企業が過去最高の28% ~期待薄の配当の代わりに優待に注目~ »