ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 中小企業、M&Aで事業承継に活路 ~親族承継、親族外承継も組み合せ~ | トップページ | 源泉所得税は来年から色々変わる ~復興特別所得税や給与所得控除等~ »

2012年12月12日 (水)

株主優待導入企業が過去最高の28% ~期待薄の配当の代わりに優待に注目~

株主の楽しみは、高い配当はもちろんだが、その次には株主優待の商品や優待券などを心待ちにするのが株主に共通のお楽しみというもの。

その株主優待の導入率は今年10月時点で1042社、28%に達し、過去最高を記録したことが野村インベスター・リレーションズ(IR)の調べで分かった。それまでは2008年の1064社が最高で、その後、リーマンショックの影響で株式市場が低迷、2010年には1000社まで落ち込んだが、後半には持ち直し上昇へ転じた。

上場企業にとっての悩みは一向に回復しない株式市場だ。したがい企業業績も上向かない中では配当にお金を回す余裕はない。そのことは株主に理解してもらおうと努力する一方で、新規の個人投資家も呼びこみたいのも本音なのだ。

同時に株主は、その企業のファンであり、消費者でもある。そこに「株主を長くつなぎ留めたい」という企業側の思惑がある。

ただしここ数年の傾向として優待内容をコスト削減で見直す動きも出ている。野村IRの調べでは優待品・券を配る回数を年2回から1回に減らしたり、数量を減らしたりする企業も目立ち、全部で「見直し企業」は158社あったという。

今年の特徴は株主優待を新設・再開した有名企業が目立ったことだ。富士フィルムHDは、自社化粧品のサンプルキットで個人株主増を狙う。また、日本航空は搭乗割引券(50%)を3年以上の長期保有者に上乗せ配布した。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 中小企業、M&Aで事業承継に活路 ~親族承継、親族外承継も組み合せ~ | トップページ | 源泉所得税は来年から色々変わる ~復興特別所得税や給与所得控除等~ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中小企業、M&Aで事業承継に活路 ~親族承継、親族外承継も組み合せ~ | トップページ | 源泉所得税は来年から色々変わる ~復興特別所得税や給与所得控除等~ »