ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 上場企業ホームページ充実度、№1? ~「分かりやすさ」でソフトバンク、初~ | トップページ | 上T企業に目立つ奇抜な福利厚生策 ~PC作業で目を守るメガネ支給など~ »

2012年12月27日 (木)

2011年分相続税の被相続人は最多 ~課税割合は過去2番目に低い4.1%~

国税庁がこのほど発表した2011年分相続税の申告事績によると、2011年中に亡くなった人(被相続人)は、過去最多だった2010年(約120万人)を4.7%上回る約125万人だった。このうち相続税の課税対象被相続人数は、同3.0%増の約5万1千人で、課税割合は4.1%だった。今回の対象は、2012年10月31日までに提出された相続税額のある申告書に基づき集計している。

課税割合4.1%は、前年より0.07ポイント減少し、基礎控除額が現行制度に引き上げられた1994年以降では2009年分(4.07%)に続き低い割合。相続で税金がかかるのは100人に4人という状況が続いている。

また、相続財産価額から被相続人の債務や葬儀費用などを差し引き、相続開始前3年以内の生前贈与等を加算した相続税の課税価格は、10兆7299億円と前年比で2.6%増加し、税額も1兆2520億円と6.5%%増加した。

被相続人1人当たりでみると、地価下落及び株価の低迷により課税価格が2億872万円、前年比0.4%減と5年連続の減少となったが、税額は2435万円、同3.4%増と5年ぶりに増加した。

また、相続財産額の構成比は、「土地」が46.0%と半数近くを占め、「現金・預貯金等」が24.2%、「有価証券」が13.0%の順。前年と比べると「土地」が減少(2.3ポイント減)する一方、「現金・預貯金等」は平成に入ってから最高の構成比となった。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 上場企業ホームページ充実度、№1? ~「分かりやすさ」でソフトバンク、初~ | トップページ | 上T企業に目立つ奇抜な福利厚生策 ~PC作業で目を守るメガネ支給など~ »

相続・贈与・住宅・小規模宅地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 相続税の目安(資産総額:〜10億円) [投資アドバイザー 河合圭のオフショア投資ブログ]
久しぶりに相続の話をします。相続で問題になることと言えば、大きく「争続(どう分けるかで遺族が争う)」と「相続税」の問題に分けられます。 今回は「相続税」の話。実際、皆さんに何かあった時、どのく...... [続きを読む]

« 上場企業ホームページ充実度、№1? ~「分かりやすさ」でソフトバンク、初~ | トップページ | 上T企業に目立つ奇抜な福利厚生策 ~PC作業で目を守るメガネ支給など~ »