ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 国内法人の黒字申告割合は25.9% ~4年ぶりに増加も30%台の低水準~ | トップページ | 同年に2ヵ所以上から退職金受領 ~他社の退職金も含め源泉税を計算~ »

2012年10月30日 (火)

クラウドサービス ウイルス駆除1位 ~利用者748万人、市場規模1,122億円~

最新のコンピュータシステムのイメージ図はインターネットのようなネットワークシステムで、絵にすると積乱雲のような「雲」(クラウド)だ。電通総研は近年市場が活発化しつつあるクラウドサービスに注目し、15~59歳のクラウドサービス利用者に対して調査を行い、利用者数と市場規模の推定値を算出した。その結果、クラウドサービス利用者数は748万人、2012年現在の市場規模は1,122億円となった。

各サービスの内訳は、クラウド上にウイルス駆除ソフトウェアを置くことができる「ウイルス駆除サービス」が、利用額240.0億円となり最大となった。次にOS(基本ソフト)をクラウド上にインストールできる「クラウドOS」が140.4億円と続いた。また、広義のクラウドサービスであるストリーミング(受信・再生)系の各サービスは「動画ストリーミング配信サービス」が138.8億円、「音楽ストリーミング配信サービス」が132.1億円となり、それぞれ100億円を超える規模となった。文書や画像データなどをネット上にストレージ(保管)できる「オンラインストレージ」は99.8億円となった。

クラウドは割り当てられたデータ容量の範囲内であれば無料で提供されるサービスが多い中、有料サービスも利用する層が増え、市場拡大している。調査は総務省「平成23年通信利用動向調査」を元に1年間の利用金額に利用者数を乗じて、各サービスの市場規模を推計した。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 国内法人の黒字申告割合は25.9% ~4年ぶりに増加も30%台の低水準~ | トップページ | 同年に2ヵ所以上から退職金受領 ~他社の退職金も含め源泉税を計算~ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国内法人の黒字申告割合は25.9% ~4年ぶりに増加も30%台の低水準~ | トップページ | 同年に2ヵ所以上から退職金受領 ~他社の退職金も含め源泉税を計算~ »