ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 職種別の転職条件の必須資格とは ~求人側は即戦力求めて経験を重視~ | トップページ | 10年後、目指すべき企業像は何か ~高成長より安定経営と高収益目標~ »

2012年10月10日 (水)

11年分民間の平均給与は409万円 ~前年比3万円減で2年ぶりの減少~

国税庁がこのほど発表した2011年分民間給与の実態統計調査によると、2011年1年間を通して民間企業に勤めた給与所得者の平均給与は409万円で、前年に比べ0.7%(3万円)減少した。平均給与は2年ぶりに減少した。同調査は、全国の約2万事業所、約27万6千人の数値をもとに推計したもの。

調査結果によると、1年を通じて勤務した給与所得者数は、前年比0.3%増の4566万人だった。その平均給与409万円の内訳は、平均給料・手当が1.2%減の349万7千円と2年ぶりの減少、賞与は2.1%増の59万3千円と2年連続の増加となった。

男女別の平均給与は、男性が前年比0.7%減の503万8千円、女性が0.5%減の267万9千円だった。なお、1年を通じて勤務した給与所得者総数は4566万人のうち、男性は同0.1%増の2731万人、女性は同0.6%増の1835万人と2年連続で過去最多を更新した。給与総額は186兆7459億円で、同0.4%減と2年ぶりに減少した。

給与所得者4566万人のうち、源泉徴収により所得税を納税している人は全体の84.4%を占める3853万人で、前年より2.6%増加した。また、その納税額は7兆5529億円、納税者の給与総額に占める税額の割合は4.37%だった。

納税額(源泉徴収税額)は前年に比べ4.2%増と2年連続で増加したが、これは、子ども手当の導入に伴い所得税の扶養控除の一部が廃止・縮小されたためとみられている。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 職種別の転職条件の必須資格とは ~求人側は即戦力求めて経験を重視~ | トップページ | 10年後、目指すべき企業像は何か ~高成長より安定経営と高収益目標~ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 職種別の転職条件の必須資格とは ~求人側は即戦力求めて経験を重視~ | トップページ | 10年後、目指すべき企業像は何か ~高成長より安定経営と高収益目標~ »