ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 休眠預金、預金者の権利は ~活用策、意見調整が難航予想~ | トップページ | 消費税の逆進性対策への論点整理 ~「複数税率」の導入には否定的~ »

2012年9月10日 (月)

10~40代、MOSと国家公務員~取りたい資格と転職したい仕事~

 就職情報誌の主要読者は10~40代だが、一皮剥くと非正規社員、失業中、求職者の多い層だ。いうまでもなく「資格」も「仕事」もその時代の要求次第である。

上位にきた資格では①MOS・MCAS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)⑤TOEIC(R)-英語でのコミュニケーション能力を評価する世界共通のテスト。現在約120ヵ国で実施中⑨Webクリエイター能力認定試験。

この3つあれば、あなたはグローバリストで鬼に金棒?

(数字は雑誌の人気順位)
 一方、時代に無関係に生き続ける永久ともいえる資格がある。②簿記検定試験③医療事務⑥ファイナンシャルプランナー(FP)⑦公認会計士⑧行政書士。特に②③⑥は女性に人気が高く、これに介護ヘルパー関連が急浮上中。

 転職したい仕事で目につくのが国家公務員志望。大昔から、公務員は寄らば大樹の陰といい「大きな屋根の下でぬくぬく暮らす」と羨望と嫉妬で呼ばれる。

若者中に役人志望が増大するのは黄色信号と危ぶむ国もある。日本では国家資格取得者(これを士業と呼ぶ)が厚遇されてきたが、最近は内部から異変が起きている。士業の典型、公認会計士の世界にも不況の波が押し寄せ、営業がきついという。

 資格-仕事には、医師のように時代に無関係に生涯仕事もあるにはあるが、ほとんどが需要次第で浮沈との戦いである。人気のWeb関連も、需要(客を作る)に直結してこそ本物である。

 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 休眠預金、預金者の権利は ~活用策、意見調整が難航予想~ | トップページ | 消費税の逆進性対策への論点整理 ~「複数税率」の導入には否定的~ »

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10~40代、MOSと国家公務員~取りたい資格と転職したい仕事~:

« 休眠預金、預金者の権利は ~活用策、意見調整が難航予想~ | トップページ | 消費税の逆進性対策への論点整理 ~「複数税率」の導入には否定的~ »