ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ソーシャルメディア活用、50% ~採用活動の活用率、急速に増す~ | トップページ | 2012年分路線価は4年連続の下落 ~大都市中心に下落幅は縮小傾向続く~ »

2012年7月11日 (水)

今後、生活支援サービス業が拡充 ~女性起業が医療・福祉、学習支援に~

2012年の中小企業白書は「女性の事業活動」に注視し、現代の企業経営で欠かせない条件に女性活用が必須と指摘した。その理由として白書は「国内需要を掘り起こす大きな役割を担うのが、女性の起業家」という。

消費税増税分を福祉向けの目的税に向けようと、医療は在宅医療、介護は地域包括センターへと比重を移すよう制度が変わってきた。ここに女性起業進出の機会が増す芽がある。

起業分野の男女別は、男性が建設業、製造業、運輸業に多くを占める。女性は個人向けサービス業(飲食・宿泊、医療・福祉、教育・学習支援)での起業が多い。しかし女性起業家は数では男性の半分程度。その理由の大半は経験不足という。しかし高齢日本の公的介護福祉の歴史はまだ浅いから、経験はこれから積めばいい。

さらに白書が見落としている側面は、女性の起業進出を阻んできた男性優先社会がある。それに平均寿命では男性に勝ち目はなく、これから幼児や高齢者対象の生活支援サービス業全般こそ女性起業家の出番であろう。

さらに労働力人口の「M字カーブ」は続き、求職活動をしていないが就職希望女性は約340万人もいる。女性起業家が増えることで、生活支援サービスが拡充する。すると雇用増と起業を促進させ消費市場も活性化させる。高齢社会とは、モノより基本的人権に係わる持続的なサービスが渇望される社会といえよう。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« ソーシャルメディア活用、50% ~採用活動の活用率、急速に増す~ | トップページ | 2012年分路線価は4年連続の下落 ~大都市中心に下落幅は縮小傾向続く~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ソーシャルメディア活用、50% ~採用活動の活用率、急速に増す~ | トップページ | 2012年分路線価は4年連続の下落 ~大都市中心に下落幅は縮小傾向続く~ »