ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 11年度査察は192億円の脱税把握 ~告発率61.9%は32年ぶりの低水準~ | トップページ | 味の素、調味料活用指南の理由 ~飲食店向け支援サイトに力注ぐ~ »

2012年7月20日 (金)

「老後に明るい見通しない」85% ~内閣府調査 寄付は37%に大幅増~

内閣府の平成24年度の国民生活選好度調査によると、ボランティア活動への関わりを尋ねたところ、寄付をしたと答えた人は37.2%で、前年度比22.6ポイント増となった。内閣府は、東日本大震災後に多くの国民が義援金などで協力したためとみる。分野別では「災害救援・復旧・復興」に寄付した人が32.3%でトップだった。

老後について「明るい見通しを持っている」人と「どちらかといえば持っている」を合わせて14.4%で、前回調査比2.6ポイント増えた。しかし「どちらかといえばそうではない」が44.6%、「全くそうではない」が40.4%で計85.0%。前回に比べ2.9ポイント減だったが、大多数は老後に展望を見いだせていないようだ。

解決の一つに高齢社会での生活設計で特に注視したいのは、地域参加が鍵ではなかろうか。地域活動についてこの調査は、「子育てを助ける活動」「要介護のお年寄りや障害者などを助ける活動」等に比べて、「まちづくりの活動」「スポーツ・文化・芸術の体験を助ける活動」「防犯・防災・交通安全の活動」が多く、福祉関係が若干少ない。

活動の「場」は自治会・町内会などへの参加で、加入しているのは73.0%だが、現実には活動参加は低い。むろん生活の基本は家庭にあるが、その外の輪は地域の助け合いを必要とする。今後人口減は必至で、だからこそ他人同士も一層仲良くし、<地域家族>という新概念が出来るかもしれない。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 11年度査察は192億円の脱税把握 ~告発率61.9%は32年ぶりの低水準~ | トップページ | 味の素、調味料活用指南の理由 ~飲食店向け支援サイトに力注ぐ~ »

寄付金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 11年度査察は192億円の脱税把握 ~告発率61.9%は32年ぶりの低水準~ | トップページ | 味の素、調味料活用指南の理由 ~飲食店向け支援サイトに力注ぐ~ »