ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 復興計画は長期+新事業+雇用創出 ~各社、得意分野で新市場開拓を急ぐ~ | トップページ | 太陽光発電等の100%即時償却 ~今年5月29日以降の取得から適用~ »

2012年5月30日 (水)

商品券での売上割戻しには要注意 ~金券的な商品券は全て交際費課税~

製造業者などが、一定期間内に多額の取引をした得意先に対し「売上割戻し」を行うケースは少なくない。売上割戻しを、売上高の一定額ごとに「金銭」で行う場合は、交際費に該当しないことはいうまでもないが、金銭の代わりに「物品」で行った場合は、交際費課税は避けられない。それは、「金銭」による売上割戻しが「売上代金の返戻」とみられるのに対し、「物品」では「取引の謝礼としての贈答」と判断されるためだ。
そこで、売上割戻しを商品券で行った場合はどうなるだろうか。

商品券といっても、デパートなどの金券的な性格のものからビール券やおこめ券など特定物品とひも付き関係にあるものもある。金銭での売上割戻しが交際費に該当しないことから、デパートなどの金券も同様と思われようが、この金券的な商品券は、金額の多寡にかかわらず、交際費として取り扱われることになる。

物品で売上割戻しを行えば、原則、交際費に含めなければならないわけだ。ただし、交付した物品がおおむね3000円以下の少額物品である場合には、その贈答費用は交際費から除外することができるとされている。したがって、ビール券やおこめ券など特定物品とひも付き関係にある商品券も、物品の割戻しと同様に、少額であれば交際費から除かれることになる。

なお、商品券は購入しただけでは交際費とはならない。商品券は、取引先に渡したときに初めて交際費となることにも注意したい。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

« 復興計画は長期+新事業+雇用創出 ~各社、得意分野で新市場開拓を急ぐ~ | トップページ | 太陽光発電等の100%即時償却 ~今年5月29日以降の取得から適用~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 復興計画は長期+新事業+雇用創出 ~各社、得意分野で新市場開拓を急ぐ~ | トップページ | 太陽光発電等の100%即時償却 ~今年5月29日以降の取得から適用~ »