ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 相続税の課税割合4.2%の低水準 ~被相続人数は120万人で過去最高~ | トップページ | 終身保障のがん保険の節税を規制 ~新通達取扱の適用は4月27日から~ »

2012年5月 2日 (水)

65歳以上のシニア消費は本物か ~実年齢より5歳下を意識させよ~

60~65歳を超えても「シニアとは呼ばれたくない」というのが多くの男性の本音である。とはいえ、生活も遊びもなるべく安価にあげて、配偶者と共に家計を切り詰めて無難に過ごしたい。でも仕事は続けたい…。この各要素がほどよくブレンドされた商品やサービスがシニア消費と言われるマーケットを支えている。
そのキーワードは、アンチェイジング(若さ)でさりげなく自尊心をくすぐり、エルダー(熟練者)と呼んでもあまり喜ばれない。売り手側は消費者に5歳くらい若返ったような錯覚を魅力的な商品やサービスで満足させる商品開発がポイント。
今では「高齢者は65歳以上」との線引きは時代遅れで、平均寿命も80年時代である。今年は団塊世代(1947~1949年)の最も早い世代の1947年(昭和22年)生まれが65歳に達する。
専門家や識者はこの層に対して「お金も時間もゆとりのあるシニアを中心に消費活動が活発化する」と太鼓判を押すが、過去に消費に大きく貢献した証はない。総務省の「家計調査」によると、国内の貯蓄額全体の約6割が60歳以上の世帯主で占めている。住宅ローンなど大型ローンの返済も終え、負債残高も少ない。
今後、60歳台を現役世代並に位置付ける仕組みを作り、弱者の枠から外し、支える側に立つ評価こそ、消費喚起の原動力となろう。新団塊族はライフスタイルを確立する途中ともいわれるから、これも動機付けとなろう。

 千葉経営企画㈱、千葉和彦税理士事務所メインHP

 携帯版HP

« 相続税の課税割合4.2%の低水準 ~被相続人数は120万人で過去最高~ | トップページ | 終身保障のがん保険の節税を規制 ~新通達取扱の適用は4月27日から~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 相続税の課税割合4.2%の低水準 ~被相続人数は120万人で過去最高~ | トップページ | 終身保障のがん保険の節税を規制 ~新通達取扱の適用は4月27日から~ »