ちば会計

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 5千万円超の国外財産は調書提出 ~来年1月以後から提出を義務付け~ | トップページ | 65歳以上のシニア消費は本物か ~実年齢より5歳下を意識させよ~ »

2012年5月 2日 (水)

相続税の課税割合4.2%の低水準 ~被相続人数は120万人で過去最高~

国税庁が発表した2010年分相続税の申告事績によると、2010年1年間に亡くなった人(被相続人)は過去最高となる約120万人、このうち相続税の課税対象被相続人数は約5万人で、課税割合は4.2%だった。相続税の課税割合は、過去最低水準だった前年よりわずかに0.1ポイント増えたものの、相続で税金がかかるのは100人に4人という状況が相変わらず続いている。
また、相続財産価額から被相続人の債務や葬儀費用などを差し引き、相続開始前3年以内の生前贈与等を加算した相続税の課税価格は、10兆4470億円と前年比で3.4%増加したが、税額は1兆1754億円と逆に1.2%減少した。
相続財産額の構成比は、「土地」が48.4%と半数を占め、「現金・預貯金等」が23.2%、「有価証券」が12.1%の順。前年と比べると「土地」のみ減少(1.3ポイント減)する一方、「現金・現金・預貯金等」は平成に入ってから最高の構成比となった。
相続財産に占める割合が高い土地の評価はいまだ低迷しており、相続財産の課税価格が基礎控除額(「5000万円+1000万円×法定相続人の数」)内でおさまるケースが多いことになる。
ちなみに、路線価の基礎となる標準宅地の平均額の推移は、1平方メートル当たり25万6千円だった1994年を100とすると、2010年は12万6千円と49に低迷。もっとも、1994年でも課税割合は5.2%だから、もともと相続税の課税割合は低いともいえる。

 千葉経営企画㈱、千葉和彦税理士事務所メインHP

 携帯版HP

« 5千万円超の国外財産は調書提出 ~来年1月以後から提出を義務付け~ | トップページ | 65歳以上のシニア消費は本物か ~実年齢より5歳下を意識させよ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/54611531

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税の課税割合4.2%の低水準 ~被相続人数は120万人で過去最高~:

« 5千万円超の国外財産は調書提出 ~来年1月以後から提出を義務付け~ | トップページ | 65歳以上のシニア消費は本物か ~実年齢より5歳下を意識させよ~ »