ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 消費税増税を前に進む課税の適正化~免税事業者の要件の見直しが中心 | トップページ | 法人契約養老保険での争いが決着~控除できる保険料は本人負担のみ »

2012年1月17日 (火)

新入社員の7割はイクメン希望~条件次第転職40%、自立心向上

 間もなく2012年度の新入社員受入の季節がやってくる。

 2011年度は3月の東日本大震災から原発事故、欧州金融危機、就活解禁2ヶ月繰り下げなど不安連鎖が切れない。

 この間企業と大学生の間ではSNS(ソーシャルネットワークシステム)を就活手段に応用し定着させ、そこで11年はソー活元年(電子就活)といわれた。

 ソー活は学生と企業に大きな変革を生んだ。2ヶ月遅れの就活で両者の時間が減り説明会が滞る。

 そこで効率化と経費削減でSNSに学生を誘導し接点を増やそうとしている。学生側はSNSで自己アピールを図ろうとする。

 特に学生は対面(面接)よりも話しやすい利点を生かし自己PRに力点を置く。その内容は特に自立心、責任感、協調心の訴求が目立つ。

 一つの例として、日本生産性本部の11年度入社の意識調査に変化があった。男性の7割以上(72.8%)は「子どもが生まれたら育児休業をしたい」と希望を主張する。

 「良い会社があれば移る方が得だ」(40.7%)や「若い時フリーアルバイターの生活も悪くない」(35.9%)なども、積極的でいずれも前年比大幅増だ。

 イクメン(男性の子育て)は、義務と権利を峻別する自立心を表している。

 最近の新入社員教育では、会社からの一方的な「押し付け」は時代遅れ。新入社員は自分が納得すれば動き、クールに自分は何を求められているのかを知っている。12年は人事も変質を迫られているのだ。

千葉経営企画㈱・千葉和彦税理士事務所メインHP

« 消費税増税を前に進む課税の適正化~免税事業者の要件の見直しが中心 | トップページ | 法人契約養老保険での争いが決着~控除できる保険料は本人負担のみ »

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 消費税増税を前に進む課税の適正化~免税事業者の要件の見直しが中心 | トップページ | 法人契約養老保険での争いが決着~控除できる保険料は本人負担のみ »