ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 消費税率、2段階で10%に引上げ (相続税の基礎控除縮小) | トップページ | 消費税増税を前に進む課税の適正化~免税事業者の要件の見直しが中心 »

2012年1月12日 (木)

大都会ならではの高架下ビジネス

 人気のカフェ、個性的な雑貨店、フィットネスクラブ――そんな店が東京下町のJRの高架下に次々と登場している。 

 鉄道駅を財産とするJR東日本は、本業の輸送業外のマーケティングで俄然、優位な立場に立つ。

 鉄道利用客の多い大宮駅や立川駅で成功した食堂街『エキュート』は「駅ナカ」を定着させ、飲食業でも業界屈指の売上げを誇る。さらに開拓の矛先は高架下の空間まで伸び、新たなビジネス空間が生まれた。

 高架下では有楽町や新橋のように成功例はあるが、JR秋葉原―御徒町間は手つかずだった。

 秋葉原駅ですでに人気スポットになっているのがAKB48カフェ。アイドルグループAKB48の国内初の公式カフェだ。 

 メンバー直筆の落書きなどがある店内で飲食したり、併設のシアターで秋葉原にあるAKB48の専用劇場での最近の公演などの映像を見たりできる。

  隣にはガンダムカフェがあり、アニメファンの聖地になりつつある。2つの駅間の高架下には雑貨店や手作りショップが並ぶ2k540という名の商店街が並んだ。名前の由来は東京駅から線路の距離で2.54キロの所に位置しているという意味。 

 JR、私鉄には鉄道客減少という悩みがある。東京スカイツリー開業を控えた東武鉄道(浅草)も同じ思いだ。

 さらに秋葉原・御徒町・浅草の下町商店街も他力本願で期待する。隣の日本橋も三井グループが中心でさらに再開発を目論み、今年の目玉は「東京下町」で盛り上がる!!

« 消費税率、2段階で10%に引上げ (相続税の基礎控除縮小) | トップページ | 消費税増税を前に進む課税の適正化~免税事業者の要件の見直しが中心 »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大都会ならではの高架下ビジネス:

« 消費税率、2段階で10%に引上げ (相続税の基礎控除縮小) | トップページ | 消費税増税を前に進む課税の適正化~免税事業者の要件の見直しが中心 »