ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 大震災への支援税制の第一弾成立災害損失を2年間遡って繰戻還付 | トップページ | 国の借金、年度内に1千兆円突破。国民1人あたりの借金は722万円に! »

2011年5月19日 (木)

7月1日以降、被災者も原則として保険証必要

 厚労省は3月11日の東日本大震災発生によって被保険者証を紛失した被災者も多くいることから、これまでは「被保険者証を提示しなくとも、氏名や住所・事業所名、生年月日を申し出ることで、保険診療を受けられる」という取り扱いを行ってきた。

 しかし、各保険者が被保険者証の再交付を順次行っていることから、7月1日以降は通常どおり、保険診療を受ける場合には被保険者証を提示して資格確認を行うこととなる。

 被保険者証の再交付を受けていない被災者については、これまでと同じく氏名等の申出により保険診療が可能であるが、被保険者証の再交付を受けた場合には、受診した医療機関に被保険者証の記号・番号を連絡しなければならない。

« 大震災への支援税制の第一弾成立災害損失を2年間遡って繰戻還付 | トップページ | 国の借金、年度内に1千兆円突破。国民1人あたりの借金は722万円に! »

社会保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日以降、被災者も原則として保険証必要:

« 大震災への支援税制の第一弾成立災害損失を2年間遡って繰戻還付 | トップページ | 国の借金、年度内に1千兆円突破。国民1人あたりの借金は722万円に! »