ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 7月1日以降、被災者も原則として保険証必要 | トップページ | 細心な注意必要な小規模宅地特例、事業継続・生計一要件が厳格化 »

2011年5月26日 (木)

国の借金、年度内に1千兆円突破。国民1人あたりの借金は722万円に!

 2011年度中に国の借金が1千兆円の大台を突破する可能性が高くなった。

財務省の発表によると、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」が今年3月末で924兆3,596億円に達し、過去最高を更新。最大規模となる44兆円強の新規国債発行で、前年度末比41兆4,361億円増えた。

同省は、2011年度末には997兆円を上回るとしているが、震災復興へ国債増発が避けられそうになく、さらに厳しい財政運営を迫られそうだ。

 同省がまとめた国の借金は、国債が758兆5,690億円、政府短期証券が110兆7,847億円、借入金が55兆58億円だった。

財務省が1月に示した見通しでは、2010年度末時点での借金残高は943兆円に達するとしていたが、借換債(前倒し債)の発行額を補正後予算額の20兆円に対して17兆円に、36兆7,000億円を予定していた赤字国債の発行も34兆7,000億円にとどめたことなどから、これを下回り924兆3,596億円となった。

ただし、今後、震災復興財源としての国債増発は避けられず、今年度末には1千兆円を超えそうな状況にある。

 なお、この「国の借金」924兆3,596億円は、2010年度一般会計予算の歳出総額92兆2,992億円の約10倍、同年度税収見込み額37兆3,960億円の24.7倍である。年収500万円のサラリーマンが1億2,350万円の借金を抱えている勘定だ。

また、わが国の今年4月1日時点での推計人口1億2,797万人(総務省統計、概算値)で割ると、国民1人あたりの借金は、昨年12月末時点からほぼ横ばいの約722万円となる。

« 7月1日以降、被災者も原則として保険証必要 | トップページ | 細心な注意必要な小規模宅地特例、事業継続・生計一要件が厳格化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 7月1日以降、被災者も原則として保険証必要 | トップページ | 細心な注意必要な小規模宅地特例、事業継続・生計一要件が厳格化 »