ちば会計

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

施設介護の従業員に能力評価基準国の新成長戦略に沿い旅館業にも

  厚生労働省は、介護現場で指導的役割を果たす人材発掘に「認定介護福祉士」という新資格を設ける。介護報酬の仕組み等詳細はこれから。

この一件を聞いただけで、介護現場ではいかに人材が不足し、実務経験を重視する「認定」の形で門戸を広げようとしているかがわかる。

 また、厚労省・中央職業能力開発協会は、老人ホームなどの施設介護業と旅館業について、働く人の能力評価基準を作ったと発表した。

それぞれ4段階のレベルで専門性や能力を判定する。介護の「相談・援助」の領域では「利用者のニーズを把握しているか」「家族と十分話し合っているか」などが基準となる。

 職業能力評価基準はすでに多くの業種で示されており、旅館業(主に和風様式対象)も医療ツーリズムなどを掲げる新成長戦略に関係している。

職業能力評価基準では「接客サービス」「調理」など4職種に区分して能力を判定。施設介護業の方は、まだ成長途上の業種だ。それだけに、新たな評価基準は現場のモラール向上の一助となろう。

 しかし2業種とも国の政策と密接とはいえ、旅館も旅行業も内需低迷で苦しんでいる。介護は需給バランスが悪く、それが現場の介護者の負担増と低待遇を招いている。

したがって、今度の「認定」も介護報酬額がカギとなる。制度等はとかく「実」が伴わない「形」先行となるものだが、特に介護業の働き手からは『画餅は食えない』という叫び声が聞こえてきそうだ。

2011年1月18日 (火)

時代ニーズ対応の販促を強化せよ コンビニ、スーパー、続々切替え

  コンビニ、スーパー業界が続々と新たな販売戦略に打って出ている。

埼玉中心のスーパー、ヤオコーはプライベートブランド(PB)開発にあたり、素材、味にこだわりクリームシチュー、グラタン等の冷凍食品価格をナショナルブランド(NB)よりも高めに設定した。

同社は「多少価格が高くても、家庭で再現が難しいメニューは主菜として受け入れられる」と判断。少子高齢化で“良質小食”へ変化すると読み、PBがNBを超えるという逆転の戦略である。

 コンビニのサンクスのPB『天使のチーズケーキ』は、発売1ヵ月で300万個も売れた。

コンビニのデザートといえば、大ブレークしたローソンのロールケーキが筆頭。新浪剛史ローソン社長は「コンビニのデザートは“脇役”ではない」と言う。

両社のライバルは同業他社ではなく「専門店」と、固定観念の脱却を実行した。

 イオンは青森市、高知市など27店舗において、「ファックス受注サービス」(近隣向け)を受け付けている。高齢者・子育てママに好評で、拡大も検討中。

東京を中心とする東急ストアは、電鉄の強みを生かし、実験店として川崎市の駅中で野菜売場を開いたところ、会社帰りのOLを中心に盛況。両社の狙いは「お客様のいる場所へ出向け」である。

 「果報は寝て待て」は、中国の故事が出典。働かない猟師が、兎がいつか切り株に衝突してくれるのを待つという逆説の戒めである。局面の打開をねらう企業は、寝て待っていない。

トップページ | 2011年2月 »